アルコールフリー除菌(次亜塩素酸水)使用例

2020/04/25 ブログ

ニュースでは「コロナは長期化するのでは・・・」と専門家や病院関係者などが

発言していますね。

 

相変わらず、マスクや除菌関係の品々が手に入りにくい状態が続いています。

我が家では除菌対策では、「次亜塩素酸水」を使用しています。

この「次亜水」は2002年に厚労省が食品添加物として指定しています。

微生物に対する殺菌効果が認められ、安全性も「次亜塩素酸ナトリウム」のように有害な残留物を出さないことも確認されています。

 

主に食品を扱う工場で野菜洗浄や調理器具の洗浄に使用されています。

「次亜水」はドラッグストアやネットショッピングで購入することができます。

「次亜水」には使用期限があります。

製造から6か月、水道水で希釈したものは1か月など製品によって

様々ですのでよく確認してから購入しましょう。

 

「次亜水」の安全性も高く口に入れても害はないと言われています(飲用ではありません)

市販製品には原液で売られていて水道水で希釈するもの、そのままで使用するもの、などがあります。

 

「次亜塩素酸水の殺菌効果・不活化効果」

黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、カンピロバクター、ノロウイルス、

インフルエンザウイルス、カンジダ、黒カビ、青カビに効果があることが認められて

います。

コロナウイルスは、インフルエンザウイルス、と似ている構造の為に効果がある、と言われています。

我が家での「次亜水」の使用方法です。

 

水道水で希釈するタイプの「次亜水」を使用しています。

濃度は100PPMにして、スプレーボトルに入れています。

 

スプレーはミスト(細かい霧)が出るものが良いでしょう。

空間噴霧に向いているので天井や壁、空間に有効です。

 

我が家では常時4本のスプレーと、除菌抗菌作用のある物のスプレーが

2本、計6本置いてあります。

 

玄関に、除菌スプレーと抗菌スプレー

 

トイレに除菌スプレー

 

テーブルに除菌スプレー

 

キッチンに除菌スプレーと抗菌スプレー

 

玄関での使用例

 

外出から帰宅したら、全身にスプレー

 

クツを脱いだらクツの中にもスプレーで消臭と除菌

 

靴下の上からスプレー、臭いニオイも消えます。

 

マスクの両面にスプレー

玄関ドアのドアノブにもスプレー

 

玄関の空間にスプレー

 

玄関マットにスプレー

 

トイレでは使用前に便座にスプレー、使用後にスプレー、空間、ドアノブ、スイッチにも

スプレー、吹き付けたままでOKです。

 

スイッチや電気関係はショートしる恐れがあるので気を付けましょう。

手洗い後の手にスプレー、手を拭いたタオルにもスプレーしておくと

雑菌の繁殖が防げます。生乾きの嫌なニオイも出ません。

 

テーブルは使用前と使用後にスプレーたっぷりでフキンでふき取ります。

 

リビングなども1日数回は天井に向けて、空間噴霧しましょう。

ミスト(細かい霧)ならば紙類などもぬれても影響は少なくて済みます。

また冷蔵庫の中も次亜水を使用して清潔に保ちましょう。

 

スマホやパソコンのキーボードやマウスも雑菌の温床になっています。

 

「次亜水」はぬれても大丈夫なところならどこでも使用可能です。

アルコール除菌よりも使いやすく、使用範囲が広がり、安全性も高いです。小さなお子様やペットがいらっしゃるお宅でも安心して使えます。

除菌水を使用してウイルスやカビなどから守りましょう!